スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

桜子の手嶋

ほんとに離婚してもかまわない、たくさんの慰謝料を取ってやりたいと思うなら、浮気現場に乗り込んじゃってもかまいません。そうは言っても、単独で乗り込んでしまうと、揉め事を大きくする可能性があるので、止めておきましょう。

信頼できる人に一緒に行ってもらうなら、感情的になり事件を起こすことが避けられます

信頼できる人が見つからない場合は、探偵等に頼むことをお勧めします。例え配偶者が浮気している場合でも今後も、パートナーであり続けたいのなら浮気している現場に直接行くことはしないほうがいいでしょう。浮気していることが明らかになってしまうと相手が逆ギレしてしまって、かえって、離婚という結果を招いてしまう可能性を否定できません。また、浮気相手と接触してしまうと、精神的に、耐え難い苦痛を味わうこともあります。生涯の伴侶の不適切な恋の調査を探偵に依頼する際には、一般的に、浮気調査にあたる人数や調査期間をあらかじめ打ち合わせをしておきます。探偵の時給の相場は、1万円以上ですから、調査期間が長期になればなるほど調査費用が高額になるでしょう。興信所などによって、使う機器や調べていく人の才能には差があるため、周りの人の評価なども調査していくと良いでしょう。